に投稿 コメントを残す

フィリピン発ファストフードチェーンJollibee

前回のブログでセブの食べ物を紹介した時に取り上げましたが、フィリピンで最強のファストフードチェーンがJollibeeです。世界的なグローバル・ファストフードチェーンのマクドナルドが、フィリピンで勝てない相手がこのJollibeeです。

なんでもアメリカ好きなフィリピン人でも、食べ物ともなると独自色を出してきますね。私も大好きですが、Jollibeeが提供するスパゲッティは甘いバナナケチャップソースと切り分けたソーセージがのっていて癖になる味です。

それ以外にもフライドチキン、フライドポテト、バーガーとファストフードの御三家が揃っていて、よく分からない蜂のキャラクターとポップなデザインの内装、そんなに人数いらないだろうというくらいのスッタフの多さと明るさがまた行きたくなります。

Jollibeeの創業者はトニー・タンという華僑系フィリピン人。というか、Grabのアンソニー・タンも華僑系マレーシア人ですし、東南アジアの華僑たちのベンチャー・スピリットはすごい。フィリピンにせよ、マレーシアにせよ、経済的なサクセスを達成するのは大抵が華僑という。

加えて彼らはローカリゼーションがうまい。フィリピンにはフィリピンの、マレーシアにはマレーシアの、汎用な言葉を使えば「文化」があります。人々の嗜好や、生活上の問題や、目に見えない意識的なものを捉えて、ビジネスに変える力がある。

アメリカ的な規模と力と合理性で他を上から圧倒していくというより、もっと身近なところから湧き上がり、うねりになるようなエネルギーのあり方を感じる。

ジョリビーは、フィリピン人が多いアメリカや湾岸諸国、香港などに進出しています。そういう点フィリピン人は海外派なので、海外のフィリピン人をターゲットにするということなのでしょう。

香港から近いからなのか、ベトナムに行った時もジョリビーがありました。ジョリビーもASEANで展開したいという野望はもっているのかもしれません。

に投稿 コメントを残す

BPOのメッカ

少しずつ知られてきていることですが、フィリピンはBPO(ビジネスプロセス・オブ・アウトソーシング)のメッカです。BPOとは、主にバックオフィス業務(経理や給与計算など)を他国から委託され、請け負い行なわれるアウトソーシングのことですが、フィリピンは世界の企業の中で重要なアウトソーシング先に選ばれています。

特にカスタマーサービスの分野が強く、世界的な企業のコールセンター業務の一役を担っています。特に米国系や欧州系の企業が首都マニラに軒を連ねています。

それは何よりフィリピン人の英語力の高さを示すものとして認識されています。どうしてもフィリピン人の英語訛りを気にする人がいますが、おそらくその日本人よりも一般的なフィリピン人の方が英語は上手です。その証拠として、それだけ数多くのBPO企業がコールセンター業務を欧米から請け負って、そこでカスタマー業務をフィリピン人が担っていることがあります。英語ネイティブの欧米人から製品のことで電話がかかってきても、問題なく対応できるだけの英語力がある時点で、一般的な日本人よりも英語が断然できるという証拠になるでしょう。

しかし、フィリピン人に訛りがないかと言えば嘘になります。フィリピン人にはもちろん訛りがあります。ただ重要なことは、ネイティブでなくてもそれだけ話せているという事実です。また、語彙やフレーズを多種知っているという点もあります。発音が綺麗かそうではないかも大切ですが、どれだけ語彙のバリエーションがあるかは英語話者にとって重要です。

日本語ですら知的な会話ができるかどうかはボキャブラリーの豊富さによると思うので、英語でもそうです。フィリピン人と話すと、知らなかった語彙や言い回しが登場する時があり、後で調べるとそういう言い方があるのかと分かります。例えば、In a nutshell(要するに), のようなフレーズは私は最初わかりませんでした。今までずっとSo~から会話を始めていましたが、そういう始めかたも言えるのかと分かりました。

なので、BPOで鍛えられているフィリピン人の英語力はすごいなと思っています。逆に、それだけ英語力があるのだからコールセンターや教師業だけではなく、グローバルに展開させるようなビジネス・モデルを生み出せそうな感じもするのですが、グローバルに展開しているのってジョリビーくらいしか思い浮かびません。もっとフィリピンには、フィリピンブランドを構築してグローバルに打ち出すくらいの創造性と押しの強さが必要です。

フィリピン人たち自身が価値を生み出せるようになれば、けっこういいところまで行くと思うのですが、人が良いというか、お気楽な面がフィリピン人の良いところであり、悪いところでもあると感じます。

サンミゲール サンミグ・ライト 330ml 瓶[アジア][サンミゲルライト][輸入ビール][海外ビール][フィリピン][長S]

価格:391円
(2019/12/26 19:27時点)
感想(0件)

に投稿 コメントを残す

東南アジアのスーパーアプリGrab

東南アジアの都市へ最近旅行された方はすでに知っていると思いますが、Grabというアプリは大変便利です。先月フィリピンのセブ島に行ってきたのですが、移動する時はこのアプリを使用しました。

Grabはマレーシア発の配車サービスを主とするアプリで、英語ではRide hailingと呼ばれています。hailは「呼び止める」といった意味の動詞ですね。hail a taxiなどと使用します。

東南アジアへ旅行されたことがない方はご存知ないかもしれませんが、東南アジアのタクシーや交通事情は決してよろしくありません。乗車を拒否したり、メーターを使用しなかったり、値段をごまかしたり、ルートを迂回したりするようなことも(全てではないですが)あります。

そんな嫌な経験をしないで済むために使用する便利なアプリがGrabです。タクシーを呼ぶにしても、一般人が運転する車を呼ぶにしても活用できます。

このアプリを使用すれば、現在地に近いタクシーを予約して呼び出すことができます。画面上にMAPとタクシーのアイコンが表示され、自分が行きたい目的地を入力すれば、そこまでのだいたいの値段も表示されるので値段をごまかされることもありません。MAPで常に目的地までのルートを確認できます。また、目的地に到着した後は、ドライバーを評価付けすることができるため、良い対応をしないドライバーは評価が下がります。カスタマーにとって素晴らしい便利なアプリです。

Grabのすごいところは配車にとどまらず、宅配デリバリーやペイメントにも活用できます。つまり、滞在している最中にホテルから出ていくのが面倒になった時は、グラブのアプリを使ってフード・デリバリーを注文することができます。ペイメントもGrabペイを使用すれば、スマホで決済することができます。

東南アジアでは経済発展によって車の所有が増え、マニラやジャカルタでは大変な渋滞が発生しています。その中で、AIによって交通を最適化し、スマートでエコフレンドリーな都市交通を形成しようと奮闘しているのが、このGrabでもあります。

Co-founder のAnthony TanとHooi ling Tanはともにハーバード・ビジネススクールの卒業生で、特にHooi ling Tanの話す英語はとても流暢で聞き取りやすいですのでリスニングの勉強にもなると思います。

フィリピンやマレーシアへ行く際は、このGrabを使ってみると良いと思います。

に投稿 コメントを残す

オンライン英会話 Online English

オンラインで学習

E-learningも一般化し、最近はオンラインで英語を学ぶことも当たり前になりました。オンライン英会話のpros and consはありますが、PCさえあれば学習できるというのは大変便利であると思います。

今の時代、アメリカやヨーロッパ、オセアニアへの留学だけでなく、フィリピン、マレーシア、フィジーやマルタ共和国などへの留学もあるので、一番は行ってみることが良いと思いますが、なかなか海外に行くチャンスや勇気がないと思う人はまずオンライン英会話から初めてみることが良いと思います。

オンライン英会話もネイティブが教える会社もあれば、フィリピン人やその他の国の講師が教える会社もあり、教え方やメソッドもさまざまです。今後はこのサイトでもオンライン英会話各社の比較をやっていきたいと思います。

フィリピン関連で代表的なところは、やはり「レアジョブ」でしょう。その前にもあるのかもしれませんが、フィリピン人講師に目をつけてオンライン英会話を活用した先駆者は間違いなくレアジョブだと思います。

2011年頃に初めてレアジョブをやった時は、フィリピンやフィジーへの留学などまだ何の注目もされていませんでした。そもそもフィリピン人が英語を話すことさえも知られていなかったと思います。

今となってはレアジョブも認知され、ビジネス系ではBizmatesなど「ビジネス英会話」を売りにしているところも出てきています。

ただ、オンライン英会話は入りとしては良いのですが、継続させることと、日常生活で活用させることに難があります。オンラインという空間で、そのレッスン時は英語を勉強できた感覚になれますが、終了した後はまたいつもの英語を使用しない日常に戻ります。人にはそれぞれ目的があるので、それでも良いのですが、これから英語を体得したいという人が、オンライン英会話のみで英語スキルを向上させるには毎日欠かさず受ける継続性が必要になりますが、自分を含め多くの人は毎日の生活の中でオンライン英会話を継続させることはなかなかできません。

英語を話せるようになるためには、やはり英語を日常で使用する環境に身を置くことが一番の手段だと思います。そして、それはネイティブの国でなくても構わないということです。英語を母国語とせず、帰国子女でもない一般人がフィリピンやマレーシアでは普通に英語を話しています。確かに米国や英国の植民地だったからという歴史はあるかもしれませんが、日常的に話している”事実”には変わりありません。

フィリピン人やマレーシア人から英語を学習することは今後より一般的になると思います。フィリピンやマレーシアが経済成長することで、英語を話す中間層も増えるからです。いきなり何もしゃべれない人が米国や英国へ行くと英語の壁を感じ、おそらく挫折するでしょう。なので、まずはフィリピンやマレーシアに行き、そこで英語になれてから米国や英国などのネイティブ圏に行くことが良いと考えます。

オンライン英会話の話から道がそれましたが、入りとしてオンライン英会話を活用することは有用です。まずはオンライン英会話で話すという体験を積みましょう。

に投稿 コメントを残す

フィリピンビール①サンミゲルライト San Miguel Light

常夏の東南アジアはビール・ラバーにとっては最高。フィリピンのビールも色んな種類がありますが、サンミゲルライトは比較的に飲みやすくグイグイ飲めて人気です!

イギリス人の知人にサンミゲルの話をしたら、スペインのメーカーだと勘違いして調べたところ、どうやらスペイン側がフィリピンからブランド使用権を購入したらしい。個人的にはこのサンミゲル、それからメキシコのコロナが好き。

When you come to South East Asia, you’re probably gonna have local beer. San Miguel Light is one of Filipino brand beer which is my favorite one. As it is called “light”, it’s a light beer so you can drink easily. I wrote about Sisig last time which is one of Filipino cuisine. Sisig and beer combination is really good. When I told my English friend about San Miguel, he thought it’s a Spanish brand beer. I found out that Spanish maker bought a right to use from Filipino company.

冷えたサンミゲルサイトは最高

サンミゲール サンミグ・ライト 330ml 瓶[アジア][サンミゲルライト][輸入ビール][海外ビール][フィリピン][長S]

価格:391円
(2019/12/26 19:27時点)
感想(0件)

に投稿 コメントを残す

フィリピンファストフード①ジョリビー Jollibee

これはフィリピンでは外すことのできない定番フードでしょう。ジョリビー。ある意味、これこそがフィリピン人の国民食なのではないか。甘目の味付けソースのパスタとフライドチキンのコンビネーションは一度ハマるとやみつきになります。

Jollibee is the largest fast food chain in the Philippines. Amazingly, it’s more popular than McDonald in there. It’s well-loved Brand there. sweet tasted spaghetti and fried chicken with spicy flavor is one of my favorite.

に投稿 コメントを残す

フィリピン料理③シシグ Sisig

フィリピンでは定番の料理のシシグ。豚の切れ端を味付けし、目玉焼きと混ぜて食べる料理です。カラマンシーとスパイスををたして、ご飯と一緒に食べると最高!

Sisig is made from parts of pig and chicken liver. seasoned with calamansi, onions and chili peppers.  well, I’m Asian so I like to eat this with rice. tastes good!

に投稿 コメントを残す

フィリピン料理②レチョン Lechon

セブというかフィリピンを代表する料理がこのレチョン。 炭火で一頭の豚を丸ごと焼いた料理 です。表面のカリカリとジューシーで噛みごたえあるお肉。このソースもたまらない。

Lechon is literally roasted pig. The way it is made in the Philippines, is with a whole pig cooked on a large stick over a pit filled with charcoal.

Lechon is actually the food represented the Philippines food. It’s popular nationwide. Anthony Bourdain said Cebu Lechon is the best pig ever!

House of Lechon, Location

に投稿 コメントを残す

フィリピン料理①クリスピーパタCrispy Pata

盆休みにセブに行った時に友人に連れ行ってもらったKuya J’s Restaurant。コスパ最高で、クリスピーパタはまさにクリスピー。 豚のすね肉を油で揚げた料理です。 フィリピンの代表的な料理の一つ。

油でカリカリにあがってます